© 2017 UeL TOKYO

バクティ50

シュリーマド・バーガヴァタム7-12

概要

バガヴァット・ギーターにさえ記されなかった

ヴェーダの『最終結論』を学ぶ

 

日本ではバガヴァットギーターを書いたことで知られ、

ヴェーダを4つにわけた編纂者とも言われている聖者ヴャーサデーヴァが、

亡くなる最期の最期に書いた聖典があります。

ヴェーダの最終結論とも言われているその教典の名は『シュリーマド・バーガヴァタム』。

バガヴァットギーターを書き上げてなお満足に至らなかったヴャーサデーヴァが、

ここにヴェーダ最終結論を書いたのです。

ヴェーダンダの精髄であり、

サーダカー(霊的探究者)やヨギーが最終的に到達する聖典とも⾔われています。


師弟関係の在り方、宇宙と人間の真理、霊的生活の融合、怒りのコントロール、

無執着と識別、感官の制御と心の純粋さ、超越的な至福、慈悲と甘露、
真愛、義務と権利、神の慈愛と恩寵、平安と至福、犠牲と不滅の甘露、

神性の一体性原理など哲学の域を超え、凝縮された経典はもう他にありません。


バガヴットギーターが小学校レベルなら、シュリーマド・バーガヴァタムは大学院クラス。


昨年12月から約8カ月間にわたり、日本で初めて開催した本書1編-6編の講座の後編となります。

※『バクティ50 1-6』を受講済の方は『バクティ100』の資格となります。

講師

ja
ya
nanda

ヴェーダとは、知識という意味です。 ヴェーダとは、宇宙と⼈⽣の取扱説明書であると⾔われます。
そのヴェーダの熟れた果実と言われる究極の聖典が『シュリーマド・バーガヴァタム』です。

この『シュリーマド・バーガヴァタム』は、⽇本ではほとんど知られていません。
まして系統的に語られるのは、ほぼ初めてかと思います。
今回は、特別に興味のある⽅に、選ばれし方にこの叡智を伝授したいと思います。

 

本書に書かれている内容は、
1.宇宙・宇宙の諸要素の創造、私たちを動かしているグナについて
2.⾄上主から⽣じた宇宙最初の⽣命体ブラフマーによる創造
3.創造された⽣命体の⽴場と義務
4.主の信者に注がれる恩寵と保護
5.物質的な活動の結果と今世、来世に及ぼす影響(カルマの法則)
6.⼈類の創始者マヌの時代、どのように時、時代は変遷するか
7.主の化⾝(アヴァターラ)について
8.幽体の破壊と宇宙の破壊について
9.さまざまな種類の解放・解脱
10.輪廻転⽣の物質界と⾄上主の住む永遠と⾄福に満ちた精神界について


本書は12篇、355章、約18000節で構成されています。

⾮常に膨⼤なので、 2019年には、主に第1篇から第6篇を中⼼に学んでいただきました。

当2020年度は、第7篇から第12篇までをさらにお伝えしたいと考えます。

特にクリシュナの嬉戯の全容を話します。

 

ヨーガ実践者、インストラクターの⽅、⾃⼰を悟りを⽬指す⽅が、

『シュリーマド・バーガヴァタム』を学ぶことによって、

⼈⽣の究極⽬的とあらゆる疑問がほぼすべて解き明かされるので、

不安から自由になり、自信と確信を持って日々生活できるようになり、

多くの方に慈悲を配ることができるようになります。


この知識を持っていないのなら、親になるべきでもない、師になるべきでもない、

王になるべきでもない、とまで言われている知識です。

ジャヤーナンダ・ダーサ

日程

12⽉14⽇ 全体概要 と1篇と6篇までの復習

12⽉21⽇ 第7編(1)プララーダとナラシンハデーヴァ他

2019年                                        

                                     

                                                     

1⽉4⽇   第7編  (2)プララーダの祈り他

1⽉18⽇ 第8編  (1)ガジェーンドラの祈り他

2⽉8⽇   第8編  (2)ヴァーマナデーヴァの嬉戯等

2⽉29⽇ 第9編  (1)ラーマチャンドラの嬉戯等

3⽉14⽇ 第9編  (2)パラシュラーマの嬉戯他

3⽉28⽇ 第10編(1)クリシュナの嬉戯ヴリンダーヴァン

4⽉4⽇   第10編(2)クリシュナの嬉戯ヴリンダーヴァン

4⽉18⽇ 第10編(3)クリシュナの嬉戯ヴリンダーヴァン・マトゥラー

5⽉2⽇   第10編(4)クリシュナの嬉戯ドワーラカー

5⽉16⽇ 第10編(5)クリシュナの嬉戯ドワーラカー

5⽉30⽇ 第11編(1)クリシュナの嬉戯の終わり等

6⽉13⽇ 第11編(2) クリシュナの最後の教え1等

6⽉20⽇ 第11編(3)クリシュナの最後の教え2等

7⽉11⽇ 第12編(1)カリ・ユガの特徴等

7⽉18⽇ 第12編(2)シュカデーヴァの最後の教え等

8⽉8⽇ 全体総括と今後の学び

時間 全日程 13:00-15:30

※進度・事情等により変更する場合がありますのでご了承ください。

※東京オリンピック交通規制の関係で8/8の⽇付変更する場合がございます。

2020年                                        

                                       

                                                     

料金

講座(全18回)                                 \ 150,000

                        (税込)

同意事項
藝UeL Tokyo Yoga Center(以下当校)は、申込者が当講座に申込みしたことをもって以下の各事項に同意したものとみなします。
1.申込者は本講座に参加する限りにおいて、自己の責任内で、指定された時刻、指定された場所へ集合します。
2.申込者は当校事務局・主催者の指示に従い、万が一これに違反する場合は当校からの処分を甘受致します。
3.申込者は納付済み受講料の返金請求をしません。
4.申込者は当校が有する講座や教材の著作権や映像権を侵害せず、教材の転用、写真や映像を制作・放送をしません。
5.申込者は受講時に、自分あるいは他人の作為・不作為・不注意により損害・損失あるいは怪我や危険等が起こり得る事を承知し、各講座に参加を致します。
6.申込者は各講座参加によって生じた損失・損害について、主催者、開催会場等、当校の関係者、従業者に対して法的過失のない場合には提訴しない事を誓約致します。自分、又は自分の相続人・代理人もこの同意事項に拘束されることを確認致します。


プライバシーポリシー
・当講座をご受講いただく際、またお問い合せをいただく際には個人情報をお伺いする場合があります。この際に取得した個人情報は、当校が目的として定める範囲内において、当校内のみで使用致します。また法的に正当な事由がある場合を除き、いかなる理由があっても、第三者に個人情報が開示・利用されることはありません。
・当校従業者が当講座の様子を写真・動画撮影し、撮影した写真・動画素材を、当校ウェブサイトやSNSアカウントで広告宣伝目的においてのみ使用する場合があります。ただしこれらの写真・動画素材はいかなる理由があっても、被写体となった方の許可を得ることなくインターネット上もしくは第三者に開示・利用されることはありません。


キャンセル・返金
コース代金を 全額支払い後コースキャンセル希望者に以下返金ポリシーが適用されます。
また以下の1から4に追加、為替の変動分・振込手数料などが差し引かれます。
1. コース開始日より45日以前に申し出た場合、返金不可のコース予約金30,000円を差し引き、全額返金。
2. コース開始日より30日~44日前に申し出た場合、返金不可のコース予約金30,000円を差し引き、60%を返金いたします。
3. コース開始日より15日~29日前に申し出た場合、返金不可のコース予約金30,000円を差し引き、15%を返金いたします。
4. コース開始日より1日~14日前、全額負担とさせていただきます。

 

お支払い方法
現金振り込みのみとなります。振込手数料はご負担いただきますようお願い申し上げます。振込先口座はお申込み後にメールでご案内致します。